駆け抜ける感動たちかわ競輪 電投番号28#
シリーズ展望
【F1】10月22日(月)〜24日(水)
第7回立川市営後節関東カップ・スポーツニッポン杯


岩津 裕介
岡山 / 36歳 / S1
復調急!中四国の自力型をリード
 今年に入りなかなか調子が上がっていなかった。8月いわき平G1オールスターでも落車。ただ復帰戦の9月向日町G3で決勝3着。続く10月前橋G1寛仁親王牌で3回確定板入りと、ようやく復調気配が漂ってきた。ラインの目標も豊富で優勝争いに加わるはずだ。

木暮 安由
群馬 / 33歳 / S1
変幻自在に魅せるトリックスター
 6月岸和田G1高松宮記念杯で決勝に進出した。8月小田原G3では決勝3着と今年も安定した走りを披露している。10月地元前橋G1寛仁親王牌では痛恨の2予敗退に終わったが、ここから再び上昇気流に乗る。吉田拓矢と連係なら勝機は広がるが、自力でもV候補の筆頭だ。

佐藤 博紀
岩手 / 33歳 / S1
まくりの威力はS級トップクラス
 今年は優勝こそないが2月名古屋、9月岸和田で準V。度重なる落車もあり、なかなか力を発揮できていないが、5月平塚G1日本選手権、10月前橋G1寛仁親王牌でも連対するなどビッグでも活躍。まくりの破壊力には定評があり、今シリーズも一発を狙う。

志智 俊夫
岐阜 / 46歳 / S1
安定感抜群で目標が手薄でも怖い
 今年は2月いわき平で優勝と幸先良いスタート。その後も高いレベルで安定感抜群の競走を披露している。10月奈良決勝では最終バックからまくって優勝と動きの良さが目立つ。今シリーズはラインの目標が手薄だが、好調をキープしていて侮れない存在だ。

志村 太賀
山梨 / 35歳 / S1
好目標を得てVチャンスが広がる
 7月高知で今年初V。8月いわき平G1オールスターで落車して影響が心配されたが、9月久留米で優勝と不安を感じさせない動きを披露。10月前橋G1寛仁親王牌では振るわなかったが、今シリーズは木暮安由、吉田拓矢ら目標には事欠かず、チャンスは十分ある。

取鳥 雄吾
岡山 / 23歳 / S1
中国地区の2枚看板へ日々まい進
 同地区で同学年の清水裕友が9月高知G2共同通信社杯で準V、10月前橋G1寛仁親王牌で決勝に進出とブレークしただけに黙ってはいられない。3月玉野G3で準V、親王牌で2連対とポテンシャルは高い。積極策で中国地区には“取鳥”もいることを猛アピールする。

成田 和也
福島 / 39歳 / S1
本調子を取り戻して鬼脚さく裂
 落車渦から徐々に復帰しつつあった8月いわき平G1オールスターで再び落車の悪夢。復帰戦となった10月前橋G1寛仁親王牌では本調子ではなく精彩を欠いた。ただ調子さえ戻れば実績十分でV候補。佐藤博紀ら北日本の機動型をリードしてV争いに加わる。

吉田 拓矢
茨城 / 23歳 / S1
関東の大砲として成長を続ける
 今年の前半戦は落車渦に苦しんだが、6月大宮で今年初優勝。8月松戸、9月青森の両G3で決勝に進出するなど、ようやく状態も上がってきた。10月別府決勝ではブフリに敗れたとはいえ、まくり合戦による力勝負は見応えがあった。ここも関東の先導役として期待は大きい。

奥井 迪
東京 / 36歳 / L1
飽くなき先行勝負で持ち味を発揮
 夏場はやや調子を落としたが、8月防府で6月別府以来久しぶりの優勝を果たして、復活を印象づけた。9月取手決勝では梶田舞との力勝負を制して優勝。本来の逃走劇を見せつけた。今回はホームバンクで負けられない戦い。先行勝負で強敵を撃破する。

山原 さくら
高知 / 25歳 / L1
継続した練習でレベルアップ図る
 今年は9月西武園ミッドナイトまで8度の優勝。そのうち7度が完全優勝と力を存分に発揮。継続した小倉での練習の成果もあり、トップスピードに加えて持久力もレベルアップを図った。ここも地元勢が相手で強力だが、力強い走りでV争いをリードする。
▲ページの先頭へ
予想情報
 シリーズ展望
 注目3レース予想

[0]たちかわ競輪トップ
たちかわ競輪
©2016たちかわ競輪